たしかな経験と技術で、工芸ガラス用機器を製作いたします。

ブランケット

LBK−28レンガ

生溶解性セラミックファイバー繊維をブランケット状にしました。
高温に耐える・断熱性が高い・軽くて蓄熱性が低い
化学的に安定している・急熱、急冷に耐える
色々な形状に製造、加工ができる
と言う性質を維持しています。

項 目 イソウール
BSSR

1100

イソウール
BSSR

1300

温度グレード ℃ 1,100 1,300
嵩密度(kg/m3 96 / 128 96 / 128
ショット含有率 20 15
加熱線収縮率(%) 1.3 at 1,100℃24Hr 1.8 at 1,100℃24Hr
2.7at 1,200℃24Hr
熱伝導率(W/m k)
200℃
400℃
600℃
800℃
1000℃

0.06 / 0.05
0.11 / 0.10
0.20 / 0.18
0.31 / 0.28


0.07 / 0.06
0.16 / 0.14
0.28 / 0.24
0.46 / 0.35
化学成分(%) SiO2 73 77
CaO+MgO 24 20
その他 4 3
標準寸法(mm) 長さ×幅×厚み 7200×600×12.5 7200×600×25 3600×600×50

イソウールBSSRボード

LBK−28レンガ

項 目 イソウールBSSR
温度グレード ℃ 1,100 1,3000
嵩密度(kg/m3)3 260 / 340 300
曲げ強さ(MP/m2) 0.7/0.9 1.0
灼熱減量率(%) 4 6
加熱線収縮率(%) 1.5 at 1,100℃24Hr 3.6 at 1,200℃24Hr
熱伝導率(W/m/k)
400℃
600℃
800℃

0.09 / 0.08
0.12 / 0.11
0.18 / 0.16

0.07
0.12
0.17
化学成分(%) SiO2 73 76
CaO+MgO 23 20
その他 4 4
標準寸法(mm) 長さ×幅×厚み 900×600×25 900×600×50

ファイバーマックス

 

 

 

  FMX15P FMX16P FMX17P
最高使用温度 (℃) 1500 1600 1700
嵩密度 (kg/m3 280 350 400
加熱線収縮率 (%)

×24時間 

1300℃ 0.4
  1400℃ 0.6 0.5
  1500℃ 0.2 -0.2 0.0
  1600℃ -0.2 -0.1
  1700℃ 0.4
曲げ強度(Mpa) 常温 0.65 0.70 1.47
熱伝導率 W/(mk) 800℃ 0.13 0.14 0.14
  1000℃ 0.18 0.18 0.17
  1200℃ 0.25 0.24 0.22
  1400℃ 0.35 0/33 0.27

不定形品/接着剤

LBK−28レンガ

ファイバープラスト
 バルクファイバーに結合剤と耐火材を混練したウエットタイプの不定形耐火断熱製品。

 

  ファイバープラストGS ファイバープラスト13 ファイバープラスト15 ファイバープラスト15K
最高使用温度(℃) 1300 1300 1500 1500
嵩密度 (kg/m3 乾燥前 1300 1200 1300 1600
110℃加熱後 500 500 500 700
加熱減量(%) 2.0 2.0 1.6 1.6

 

コーティングセメント
 無機結合剤液に粉末状のバルクファイバーを混練したもので、主にファイバーエクセル製品同士の
 接着剤として用いられます。
MBセメント
 高温用の接着剤で、特にファイバーマックス製品同士の接着剤として用いられます。

  コーティングセメント150 コーティングセメント180 MBセメント 17Dセメント
最高使用温度(℃) 1200 1200 1400 1700
嵩密度 (kg/m3 1700 1650 1100 1100
固形分(%) 72 69 31 40


会社概要 事業内容 製品情報 採用情報 アクセス